骨董市に行く◆文月1週『門前仲町・富岡八幡』

先月は雨に祟られ、骨董市に行くチャンスを逃していたまお猫。
呪文のように「こっと~いち~、こっと~いち~」と唱えていたら、本日晴天に恵まれました。
という訳で、久々の骨董市にGO♪

本日は、トリさん・まお猫、そして、ねことん母上が参加。
良いもの、みつかるかな?!(わくわく)

入り口の赤い鳥居。
04070403.jpg
今日は、いつもの所ではなく、横にある入り口をパチリ。

梅雨の最中だというのに、真夏の日差し。
木蔭がくっきりしています。
…暑いです(^_^;)

でも。
04070401.jpg
【境内の、大きな木】日陰は涼しい。
04070402.jpg
【お店もテントを設営して、日陰を作ってます】

今日の門仲は、何だかスッキリとした印象。
並ぶ品物も、季節に沿ったガラス小物が沢山ありました。

ぼーん、ぼーん、ぼーん…。
突然鳴り響く、時計。
良い音。

ここから聞こえてきたのです。
04070404.jpg
【12時を差す柱時計】
何か懐かしさを感じさせるのは、何故なんでしょうね?!

◆さて、本日の戦利品♪

【駄菓子屋さんのおまけのセットと土人形の兎(右スミ)】
04070405.jpg
・おまけセットの中には、何故か信号機まであります。
大体は赤・青・黄でしたが、まお猫が選んだのは赤・青・ピンク?(笑):2000円也

【土人形の兎(アップ)】
04070408.jpg
・ピンポン玉くらいの大きさの土人形。その表情の豊かさに惚れました(笑)2500円→2300円

【漆塗り?ガラスのはまった蝋燭たて・行灯風】
04070406.jpg
・高さ40センチくらい。中に蝋燭を入れて灯りにする。灯り好きのまお猫は一目ぼれ。3500円→3000円に。しかも、母が気に入った一輪挿し、おまけにいただきました♪らっき。

◆ねことん母のお買い物♪
真鍮を白くペイントした蝋燭たて。血は争えない、灯り好き…。(笑)・カントリー風人形・一輪挿し
書きもれ追記:遠野の作家さんの復刻版『張子招き猫』。母、一目ぼれ☆これが、母上の本日の一番の戦利品でしょう!とても味のあるお顔の子です。今度写真撮らせてね?!>母上

◆とりさんのお買い物♪
古い写真(北海道の犬ぞりの犬、可愛い♪・着物美女☆)

で、まお猫の本日の装いは、と言いますと…。
04070407.jpg
黄色の地に幾何学模様の単。母から譲ってもらいました♪、縮緬花柄と御所車の織の半幅・昼夜帯、駅の鏡にてパチリ♪…背後に写っているグレーの物体はトリさん。こらこら
祖母から譲り受けたアンティークの傘は、本日も役にたちました♪

| | コメント (7)

忘れえぬ、下駄のお店【下北沢】

土曜日、下北沢の駅へ戻る途中に、何だか怪しいたたずまいの一角を発見!
入り込んでみると、小さなお店が寄り集まってました~。
天井は青いターフが張られ、コンクリートむき出しの、少し傾いだ地面。
…ざっくばらんな作り、とでも言いましょうか?!
でも、すごく楽しい♪です。秘密基地を見つけた時のようなワクワクする気持ちを思い出します。

おぉ~。ここで下駄を売っているお店を発見しました。
「これは中国製。いろんな形があるのよ。こっちはね、日本製だから少し高いの」
お店のお母さんが、ゆっくりゆっくり説明してくれます。
試しに履かせてもらうと、軽くて歩きやすい。
まお猫、ずっと下駄を探していたので、丁度良い!とお買い上げいたしました。

本当に履きやすかったので、このまま履いて行きます!と宣言。
まお猫「…あ、でも午後に下駄を下ろすときは、墨で底を汚さなきゃ!」
ふと思ってそう言うと、「古い事知ってるわねぇ…おばあちゃんにでも教えていただいたの?」お母さんが笑って、筆ペンでバッテンを書いてくれました。こういうやりとり、気持ちが温かくなります。
04032901.jpg
これが選んだ下駄:縮緬(黒地)の鼻緒の、ぽっくり形。今後のお着物ライフに活躍させます♪

それから、808と言う名前の八百屋さん(笑)で、2袋100円の人参をウサギの為に購入して、脱出しました。

この秘密基地には『下北沢駅前食品市場』という、ぴかぴか金色の看板がかかっておりました♪

下北沢は、お洒落な雑貨屋さんやカフェのイメージが強かったのですが、駅前に広がる市場には何だか感動。
良いお店だったなぁ。
…ただ、さっき調べたら、駅前は再開発されるらしく、北口のこの市場の存続も、危ぶまれるのかもしれません。
いつか、また訪れたい『ナツカシイカンジ』の風景なのに。…消えてしまったら、寂しいですね。

| | コメント (2)

2004年元旦に。

kimono01.JPG
夜中の12時過ぎ、近所の神社に初詣に行きました。
今年は暖かな元旦。それでも並んで参拝を待つ身には、甘酒のお振舞いが嬉しい。
宵闇の中、揺れる提灯と焚火の火が幻想的な美しさでした。
kimono02.JPG
さて、年の初めということで着物を着ました♪ぱちり♪(帰宅後に撮影)
お気に入りの銘仙の着物と錦紗の羽織(どちらもアンティーク)です。
初詣なので、他の人の着物姿も期待して行ったのですが、皆様防寒スタイル一色。着物なし。
あまりに、ご近所神社過ぎたのかな?
ともあれ、明けましておめでとうございます。

| | コメント (5)