« 28日目・朝顔 | トップページ | 遅まきながら… »

ブリvsびわ

この時点では、けっこうココログが重い…。

さっきトリビアの泉を見ていたら、【合唱曲に『寒ブリの歌』という歌がある】とあった。
実際に曲を聞くと、すごいインパクト!
帰ってきていたトリさん、ツボに入ってゲラゲラ笑いこけている。
グーグルで検索をかけてみると、20件引っかかった。

ところで、まお猫は小さい頃に『枇杷の歌』を歌った事がある。
寒ブリが北陸の代表なら、枇杷は房総の代表。
さぞかし有名な歌と思いきや、検索には8件しか引っかからなかった。

♪びわは 優しい 木のみだから だっこ しあって 熟れている
 うすい 虹ある ろばさんの お耳みたいな 葉のかげに~♪

すらすら歌が出てきた。子供の頃の記憶って侮れません(^_^;)
で、この歌の知名度は????

ちなみに、トリさんは「知らない」でした。地域限定の歌なのか?!

|

« 28日目・朝顔 | トップページ | 遅まきながら… »

ささやかな日常。」カテゴリの記事

コメント

せおさん、ご無沙汰です。
びわのうた、って、まどみちおの詩だったんですね?!
(へぇ~へぇ~…>トリビア?!)
しかし、同郷のせおさんがご存知ないとすると…。
びわの歌は、いったい何処に出没しているのでせう???
*小学校の時の歌の手帳、トリさんもお宝で持ってたりします。(*^_^*)

投稿: まお猫 | 2004年6月19日 (土) 10時47分

ぼくも知りませんでした。びわの歌。

千葉ローカルの歌なのかと思い小学校のときの歌の手帳(「みんなのうた ちば」)を引っ張りだしてみましたが載ってませんでした。

まど「ぞうさん」みちおの童謡らしいです。

投稿: せお | 2004年6月18日 (金) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 28日目・朝顔 | トップページ | 遅まきながら… »