トップページ | 2004年1月 »

Happy“にゃん♪”Year、イブ

banbi03.JPG
『未さん、バトンくらさい♪』by ばんび(申さんの代理)

2003年を振り返ってみました。今年は、いろいろな事がありました。
4月・「OL」から「奥さん」へ変身する。
6月・北海道にバイクツーリング。何とこれが新婚旅行♪3週間ほど旅をする。ほぼ「とほ宿」利用。
7月・実家を完全離脱。猫たちとナミダ・涙の別れ…。と思いきや、引越し先が近所なので、その後もちょくちょく入りびたりする。
秋・トリさん(旦那)が大忙しだったので、まお猫も主婦の道を突き進む?!「若葉マーク主婦」授与。
12月・ココログと出会い、そして、はまる(笑)
2004年も、お気楽に、楽しく行こうーっ、と思っております。
それでは、皆様、良いお年を…。

| | コメント (0)

功労賞、授与!

mono04.JPG
トンカツです。
年賀状作成に悪戦苦闘している私、まお猫の代わりに、旦那のトリさんが奮起しました!
サクサク&ジューシー。すごい、美味しいんですけど…。
ヴォーノ♪ヴォーノ♪
…と言う訳で、トリさんには功労賞を差し上げます。いや、敢闘賞か?!

まお猫は揚げ物苦手で、トンカツ、何回作っても成功しません。ぶちぶち(いじけ)
でも次回は『輝けるTON・KATU』を目指してリベンジだいっ。

付け合せは「芽キャベツ」。本当にキャベツのミニチュアみたいで、くすり☆
好物です。

| | コメント (2)

お母さんの背中は暖かい、にゃっ

mina102.jpg
あたし、ばんび。しっぽに注目!
実は、蜂のおしりにソックリなの。
だから、名前は「ばんび→ばん・Bee(蜂)」なの。

今日は、ミーナ母さんとツーショットでパチリ。
ミーナ母さんのしっぽは、シマシマトラトラでながーいのよ。
ちょっぴり、うらやまちいな。…ちょっぴりね。(と、尻尾を猫パンチ)

…実家の猫のお気に入り写真より。猫が足りない~今日この頃です…。

| | コメント (2)

満ち足りた一日

banbi02.jpg
先だって「こしのかんばい」の酒粕を入手したので、
昨夜、友人と忘年会かたがた酒粕汁パーティをする。
鍋の具は、かじきまぐろ・きのこ数種他野菜。
美味しいお酒の酒粕は、やっぱり美味しかった~です。

それから、夜更けに近所を散歩。透明な空気の中、久しぶりに色とりどりの満点の星を見る。

今日は今日で、うどんを打って食す。
宴の終了。

ココロもお腹も、満ち足りた一日。

【写真は、まお猫の代理出演、愛娘・ばんびの「満足♪満足♪」の顔】

| | コメント (2)

今年初めての雪・雪・雪

mono03.jpg
「雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう~♪」
あと、2日早ければホワイトクリスマスになったのに、残念。(首都圏における)

ともかく、雪がちょびっと積もりました。
自転車に乗るのも、しばしお休み。
ぴりぴりとした冷たい空気は気持ちが良いです。
天気は快晴に変わり、青空とのコントラストが目に鮮やかでした。

外暮らしをしている、にゃんこ達、どうしてるのかなぁ?
せめてこんな時は、温かな部屋を提供してあげたい。
もちろん、ないしょ、で、ですが…。

| | コメント (0)

現役です。

mono02.JPG
我が家の暖房、箱火鉢(大)です。
現役です。
→何故(大)と言うと、(中)と(小)もあるからです。

炭のはぜる音が、こんなに綺麗だって初めて知りました。
パチパチ言うのを聞いていると、のほほーんとしてきます。

あと欲しい「あったかアイテム」は炬燵に猫、かな?
明日から、また寒いみたいですね。

| | コメント (0)

グリーンの服のサンタクロース

mono01.jpg
今頃はサンタクロースも休息中のことでしょう。本当にオツカレサマデシタ。
そうそう、トナカイ達にも「おつかれさま」♪

さて。
写真はグリーンサンタからもらった「ガーデンクレス」のタネです。
ニュースで日本上陸を放送していましたが、まだ日本を巡っているのでしょうか??

もうひとりのサンタクロースも頑張れ!
「グリーンサンタって何?」という方はこちら

| | コメント (0)

サンタさんに会いたい

kinjo08.jpg
クリスマス・イブの夜に空を見上げる。
大忙しの、サンタクロースに逢えるかな?

近所ねこの すみすみにゃー(仮名)

「あたしも良い子にしてます」

それでは、猫たちを含む すべての生きものに。
「Merry Christmas!」

 


| | コメント (2)

ねこ な ひととき

たった今、NHKテレビで『BSハイビジョンスペシャル「決定版ねこ大百科」』を放送していました。
ねこ度充実の番組で、幸せなひと時…ねこ好きにはタマリマセン。

でもその中で見た、ドキリのひとコマ。
「ねこは高い所から落ちる時、着地に備えて足を伸ばす。でも、5階以上の高さになると、ムササビのように手足を開いて落下傘のようなスタイルをとる」

以前、家の「ミーナ」が4階のベランダから落下した事を思い出しました。
その時ミーナは足を揃え、すーっと落ちていったそうです。(母・談)
下が芝生だった事も幸いして、怪我もなく着地したのですが、この後の、脱走→徹夜の捜索・捕獲作戦は、
寒空の下、家族総出の「おおわらわ」でした。

もう、あんな思いはしたくなーいっ。
それでもミーナは、相変わらずベランダの手すりに乗っかるのが趣味です。とほほ。

| | コメント (4)

めり♪めり♪Christmas☆

tree.jpg

今年は、近所のお花屋さんからゴールドクレスト君をお迎えしたので、
←豪華に本物の樹の「クリスマスツリー」です。
身の丈1mのツリー君が、何と600円という破格値。
ばんざ~い!喜びのあまりに踊ってしまいました。
でも生ものなので、飾りつけは控えめです。

下の写真は、『やっほー♪クリスマスだー』という事で、オメカシして変身!のウサギ&ネコ。
普段はごく普通のヌイグルミですが、何ともベストマッチな「カブリモノ」があったものです。(笑)
ちなみに、このサンタ帽・トナカイのツノ・靴下はウチの旦那さんのプレゼント。(ソニプラで購入との事)

xmas.jpg

後は、何処からともなくご馳走が降ってくれば、完璧なクリスマス?!

| | コメント (0)

ステンドグラスde『猫ねこ』

garasu.jpg
キラ・キラ・キラ…。
天気の良い日に光が差し込むと、本当に綺麗。

ヨーロッパの教会にあるような、荘厳なステンドグラスも素晴らしいけれど
こんな可愛いステンドグラスも好き。

…実は母上のオリジナル作品。

古巣に顔を出すと、何かとネコモノ作品が増えている。
これは最近の大作で、モデルはやっぱり、実家のにゃんこ。
菖蒲がちょっぴり和風テイスト?!
新作も期待してま~す。

◇母様の、ヨチヨチ歩きなホームページはこちらです。→「頑張れ!はは猫」

| | コメント (1)

バムセちゃん、大好き!

mibu.jpg

実家猫の「みぶな」君。ロッタちゃんじゃないけれど、バムセと仲良し。
二人でフカフカ、お昼寝の図です。
『この手触りがたまりませんっ!』

さて「ロッタちゃん」と言えば、スウェーデンの作家リンドグレーンの物語ですが、
彼女の作品の中の一番のお気に入りは「やかまし村のこどもたち」のシリーズです。

小さな村の6人の子供たちが主人公。特に事件が起こるわけではないけれど、何気ない北欧の生活がとても素敵です。のびのびと暮らす子供たち、見ていて羨ましくなります。
気持ちがゆったりしてくるお話。DVD出ています。おすすめ。

| | コメント (3)

「ミルメーク」文化

nosu01.jpg
懐かしいー。
小学校の給食で、たまーに出た「ミルメーク」が、近所のドラッグストアに売っていた。
これさえあれば牛乳が美味しく飲める、牛乳嫌いの子供の強い味方だ。
(その節はお世話になりました)

・瓶牛乳のふたを開け、少し飲む。(←ここがポイント!そのままだと粉を入れた時、牛乳がこぼれてしまう)
・ミルメークを入れてストローで混ぜる。
・もったいないから、すこしづつ飲む。

美味しかったなぁ。
給食から遠ざかって随分時間が経つ。
これ、今の給食にも出るのかなぁ…。

| | コメント (7)

君は何者??

あまりの可愛さに衝動買い。
リアルに描かれた、猫の布の人形です。
ningyou01.jpg

でも、これヌイグルミにしては、とてもハード。
土台にミッチリと砂?が詰め込まれていて重いのです。
何か重要な使命があるのでは…と考えるも、思いつかず。

つん、と、つつくと、ぱったり倒れるから、ドアストッパーにも役不足。
う~ん。
ただ、引っくり返したこの姿は、何だか微笑ましい、かな?!(こんな風↓)

ningyou02.jpg

| | コメント (0)

1+1は、にゃっ?!

デジカメでご近所猫様を撮影計画…奮闘中。
外出の時にはデジカメを持ち歩き、猫様の撮影に張り切るも、どうも快心の一枚が撮れない。

普通に歩いている時は割合簡単にとれていたコミュニケーションが、
デジカメを構えると相手も「構えて」しまう。
そりゃあ、変な四角い箱をズズィと向けられたら、猫様じゃなくても「むっ」としますか…。

そこで、苦肉の策「お伺いをたててから撮影」をする事にしてみた。
まず「こんにちは」と挨拶、次に「良いお天気ですね~」と、世間話(?)を始めて、そして「撮っても良いですか?」と切り出す。
…すると、猫様の「OK」が!ばんざーい。

写真は「ご挨拶」後に撮影したブチさん。居住まいを正して「おぅ、撮ってくんな」とポーズ。
但し、折角の精悍なお顔、黒クロでハッキリ写らず…ごめんね。
kinjo02.jpg

| | コメント (0)

「お招きさん」を招く

「猫の手」という、とても可愛い本を紹介いただいた。

あれ?この著者に見覚えが…。
あ、「来る福招き猫手帖」(発行・情報センター出版局)だ。
これは荒川千尋さん、坂東寛司さんの共著の本で、一冊丸ごと招き猫について書かれたユニークなもの。

たとえば、縁結びの神社「今戸神社」(東京都台東区)の項には、伝統の今戸焼で作られた2匹寄り添う招き猫。有名どころでは、豪徳寺の招き猫ナドナド…が紹介されている。猫好きのココロをくすぐる。

この本は7年前に発行されたものですが「猫好きは、どこまで行っても猫好き」なんですねぇ。

ここに、この本から含蓄のある一言を抜粋。
『招き猫は、招き猫を招く』……。
maneki02.jpg

画像は我が家にやって来た最初の招き猫「ねこた」君。現在はサッカーチームが2チーム作れる数に…。

| | コメント (0)

手相拝見?!

_045.jpg
実家のねこ・ちみた君の「テノヒラ」です。
猫の手のひら=肉球って、触っているとシアワセ~になりませんか?
あのフワフワとした感触がたまりませんっ!!
いつか大型猫族の肉球を、ぷにぷにするぞーっ。

ところで。
猫も人間のように手相があるのでしょうか???
何か個人(猫)によって、皺の刻まれ方が少しずつ違うから、…ありそうですね。
人生(にゃんせい)満ち足りた猫様の手相を、ぜひ拝見したいものです。

| | コメント (5)

ご近所ねこを激写!したいのに…

kinjo01.jpg
待って、待って!これじゃ、近づき過ぎだよ~。
仲良しの「ふくふく」(仮名)を激写!しようと頑張った結果が、これ。

友人にデジカメを譲ってもらったので、遅まきながら、ちょっとした散歩(おつかい)の際に持ち歩くようになった。
目的はご近所ねこの激写!である。
我が家の周辺は、猫が多い。いちばん近いスーパーに行くまでに、ゆうに片手の数の猫に出会う。
その中でも、飛びぬけて「ひとがすき」なふくふく は、いつも走り寄って来てくれる。
「ねこ禁」の家に住む身には、心の支えです。
デジカメの撮影は、もう少し修行します・・・・・・

| | コメント (1)

トップページ | 2004年1月 »